2015年04月20日

最高裁平成27年4月9日判決

既にニュース等で御存知の方も多いと思いますが、今月9日、最高裁が以下のような判決を下しました。

事案は,自動二輪車を運転して小学校の校庭横の道路を進行していた85歳の男性が,その校庭から転がり出てきたサッカーボールを避けようとして転倒して負傷し,その後死亡したことにつき,その遺族において,上記サッカーボールを蹴った当時11歳の児童の父母らに対して、親の監督責任(民法709条、714条1項)に基づく損害賠償を請求したものです。

上記事案について、一審、二審は、本件ゴールに向けてサッカーボールを
蹴ることはその後方にある本件道路に向けて蹴ることになり,蹴り方次第ではボー
ルが本件道路に飛び出す危険性があるから,父母らにはこのような場所では周囲
に危険が及ぶような行為をしないよう指導する義務,すなわちそもそも本件ゴール
に向けてサッカーボールを蹴らないよう指導する監督義務があり,父母らはこれ
を怠ったなどとして,遺族側の損害賠償請求を一部認容していました。

しかし,このような判断について、最高裁は「是認することができない」として、遺族側の請求を棄却したのです。
その具体的理由としては、
・児童が、友人らと共に,放課後,児童らのために開放されていた校庭において・・・ゴールに向けてフリーキックの練習をしていたのであり,このような行為自体は・・・本件校庭の日常的な使用方法として通常の行為である。
・責任能力のない未成年者の親権者は,その直接的な監視下にない子の行動につい
て,人身に危険が及ばないよう注意して行動するよう日頃から指導監督する義務が
あると解されるが,本件ゴールに向けたフリーキックの練習は,通常は人身に危険が及ぶような行為であるとはいえない。
といった事実関係を挙げています。
この判断については、最高裁の裁判官全員一致の意見によるものでした。

確かに、校庭内のサッカーゴールに向けてボールを蹴るという児童の行為は、一般的に責められるべき行為とは考えられませんし、そのような場合についてまで親の監督義務違反を認めるのは、両親にとって酷な判断ではないかと思われるため、上記最高裁判決は、合理的な判断を示したものといえそうです。

ただし、上記最高裁の判断の妥当性とは別に、被害者の救済という観点からも議論が必要であると思われます。
遺族側にとっては、他者の行為によって最愛の家族を亡くしたわけであり、それについて十分な補償が得られないという結果に対して、何らかの救済手段があってしかるべきであると思いますが、上記事案に限らず、他者の行為により被害を受けたものの、相手に責任が無い、若しくは相手に資力が無いという理由で救済が得られないというケースは非常に多く存在します。保険等である程度の救済が得られる場合もありますが、一切補償が得られないというケースも決して珍しくはありません。

法的責任とは別なところで、被害者を救済する仕組み作りも、今後の検討課題といえそうです。

posted by 仙台あさひ法律事務所 at 00:00| Comment(0) | 判例紹介